レンタルサーバーを利用して効率WEB運営

subpage01

今やIOT時代に突入し、WEBサーバは必須設備となりました。
そうなれば、必要となるサーバなのですが、皆さんどのようにされているのでしょうか。



簡単にはパーソナルコンピューターをサーバー用に設定し、回線を契約する軽微な設備から始まって、サーバ用のコンピュータを準備、回線なども含めてバックアップも整えるという本格的なシステムまで費用面、設備規模などから自前設備での手の打ち方があります。
しかし、将来にわたっての設備の増強、進化する管理ソフト対応、セキィリティ対策などを考えると自前の設備管理はある程度の規模以上で更に専任態勢を取らないとペイするレベルまで到達しません。

朝日新聞デジタルに有益な情報の紹介です。

ではどうすればよいか、それはレンタルサーバーの利用です。

レンタルサーバーとなると、個人利用程度の低価格、低容量から始まって、クラウドシステムなどのような高機能・高付加価値システムに使われる高速・高容量・高機能のものまで各社から提供されています。


また、使い道ですが、ホームページ用サーバーとしても利用するとなると、ホームページ用のスクリプト対応や、メンテナンスのやりやすさなども選択の際に比較しないといけない項目となってきます。まずは、どのような形で利用するかをまとめ、レンタルサーバー候補から容量、速度、ドメインネーム、アクセス制御、スクリプト対応などの条件をピックアップし比較表を作成することをお勧めします。



各社は料金・容量・速度・使い勝手で競争しているので、コストパフォーマンスの良いレンタル先が見つかると思います。