無料レンタルサーバーのデメリット

subpage01

無料のレンタルサーバーは、使い勝手がよく、初めての立ち上げの際には、立ち上げ方や作成方法などを試しにやってみることができる、いわば実験台としても機能することになります。



最大のメリットは無料であることですが、その無料ゆえに存在するデメリットを知っておくことで、許容できるレベルかどうかを探っていくことが大切です。

無料のレンタルサーバーの場合、最大のリスク、デメリットとなるのがサービス終了です。



大手であっても終了に追い込まれることはあり、新興のレンタルサーバーなどでは突如サービスが終了し、ホームページが閲覧できないというケースも出てきます。

livedoorニュースが最近話題になっています。

そのため、常にそのリスクは考えておくことが必要であり、できればネットで調べておくことが大切です。終了することになるとどこかに移籍しなければなりませんが、この移籍の際に今まで築き上げた相互リンクの関係が一旦解消され、関係を結び直す、要するにリンク先の再設定を相手にしてもらうことになります。
そして、広告が必ず挿入され、レイアウトの邪魔になることもよくあります。

他にも独自ドメインが作成できないこと、独自のメールアドレスが作れないことなどデメリットはたくさんあります。


無料のレンタルサーバーを商用目的で使用することは適さず、あくまで練習用、もしくは個人用に作成していくことが求められます。


制約は多いものの、それさえ分かっていれば有料のレンタルサーバーとそこまで遜色があるわけではないため、使い勝手に差はありません。